クコの実(ゴジベリー)【Goji Berry】

スーパーフード事典

写真=クコの実(ゴジベリー)

昔から中国で愛用されてきたスーパー美容食材 赤い果実『クコの実』

スーパーフード「クコの実(ゴジベリー)」をご存知ですか? 杏仁豆腐のトッピングの赤い実、と言えばピンときませんか?

中国の有名な楊貴妃(絶世の美女として知られる)が、毎日食べていたらしいです。

特にクコの実は、別名「飲む目薬」と言われているほど、目に対する有効成分が豊富なのです。

βカロテンやゼアキサンチンの働きで、視力低下の抑制、白内障や緑内障の予防に良いとされています。

また、100種類のビタミン、鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富。さらに、オレンジの約100倍のビタミンCやポリフェノールといった強い抗酸化力があります。

クコの実の期待できる効果効能

  • 目の疲れ・視力低下の改善・白内障、緑内障などの眼病予防
  • 美肌効果
  • アンチエイジング
  • 血行促進による冷え性改善
  • ホルモンのバランスを整える
  • ダイエット補助
  • 貧血予防
  • 疲労回復・滋養強壮

クコの実に含まれる主な栄養素

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • リノレン酸
  • カルシウム
  • ベタイン
  • アミノ酸
  • ゼアキサンチン
  • フィサレン
    …など

クコの実の食べ方

そのまま食べても全然OKです。我が家ではサラダやヨーグルトに混ぜて食べています。

クコの実を摂取する際の注意点

もちろん、体にいいからといって、食べ過ぎはいけません。1日の目安量は10~20粒ほどにしておきましょう。

月経促進や人工中絶薬にも含まれる「ベタイン」という成分が含まれているため、妊娠、授乳中は控えましょう。

血圧が低めの人が食べることで必要以上に血圧が低下する恐れがあります。

補足

  • ビタミンB1
    糖質をエネルギーに変える=疲労回復
  • ビタミンB2
    エネルギーの代謝=肥満防止・動脈硬化予防
    皮膚や粘膜を強くする=美肌効果・ターンオーバー正常化
  • ビタミンC
    細胞の修復や再生する効果
    体内の酸化=老化を防ぐ作用
  • ゼアキサンチン
    紫外線などによる目の酸化を防ぐ
    視力低下の予防
    白内障や緑内障の眼病予防に効果
  • ベタイン
    胃液の酸度を調節する働き